リウマチ科

DSC_0302 - コピー (2)

リウマチ専門医2名が常勤する日本リウマチ学会教育認定施設

リウマチ財団 登録リウマチケア看護師3名
リウマチ財団 登録薬剤師2名
臨床検査技師 リウマチ学会登録ソノグラファー、管理栄養士 が専門的な知識・技術を備えたチーム医療を目指しています

関節エコー

関節エコー
検査の痛みや被爆のない超音波装置を使用し、関節リウマチによる滑膜炎を直接観察する検査です。関節リウマチで関節に炎症を起こすと関節液や滑膜が増え異常な血流信号が見られます。関節エコーは、診察や血液検査で捉えきれない炎症を観察できる為、早期の関節リウマチの診断に役立ちます。また、薬物治療の効果判定などにも有用な検査です。

関節エコー
関節リウマチのみでなく、痛風やその他の関節疾患でも利用されます。観察する部位にゼリーをつけ超音波を当てるだけです。検査時間は、観察部位にもよりますが、15分~40分程度です。

リウマチ教室

リウマチ教室

3~4ヶ月に1回、リウマチ患者さんとその家族の方を対象に行なっています。樋上謙士医師(リウマチ専門医、内科総合専門医)、樋上聡美医師(リウマチ専門医、内科認定医)を中心に、「関節リウマチってどんな病気?」 「検査値の見方」 「抗リウマチ薬について」 「生物学的製剤について」 「リウマチ体操」 「リウマチの社会補償制度」 などのテーマで開催しています。

リウマチ教室

医療スタッフの発表、参加者と一緒にリウマチ体操を行なったり、患者さんからの質問などにお答えして、約1時間の勉強会です。
当院に通院されていない方、家族の方の参加も自由です。リウマチ教室についてのお問い合わせ、お申し込みは総合受付の事務員までお願いします。